妊活と言えばどのような活動


みんなは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)やご飯の管理など、ほとんどの活動は女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性にあるとは限らず、男性側の問題だというケースもあります。特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるというはたらきがあります。
そのため、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
妊娠しづらいように感じ始めたら、とりあえず基礎体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)を付けることをおすすめします。たかが体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)と思うかもしれませんが、基礎体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)表をつけると、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊治療の大切なきっかけになるのです。
基礎体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)表は5分もあればつけられますが、運動量が体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という決まりがあるので、習慣的に続けていくことが肝心です。
いまはアプリもあるので気軽にできますね。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜の野菜です。
妊娠が発覚してから、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸は先天異常の発症リスクが抑えられるらしいのです。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆や貝類を食べるのをお薦めしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
不妊の要因としては、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性側要因と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性の方の要因が挙げられるでしょう。
原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。
赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男性、女性、両方が早めに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。
友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、話を切り出しづらくて、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、ナカナカ妊娠には至らないものですね。それで、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、それが功を奏したのか、服用後2か月には二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。
結婚して3年目くらいまでは、タイミングがわかるよう基礎体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)アプリを使ってみましたが、出来ない時は出来ないのだと感じました。親戚に子供ができたことを聴かされたりすると、焦ったり悲しかったりでした。クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤の処方を受けると、そう時間をおかず妊娠することができました。
悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。
妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。
それも当然のことでで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ません。なぜなら、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。
言うまでもありませんが、妊娠を要望する妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けることをおすすめします。実際に妊娠してから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。
ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも問題ないでしょう。しかし、葉酸が担うはたらきは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといったはたらきをしています。
ですから赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが日々の生活を健康的に過ごす手助けになったら思います。